迅速、丁寧な証明書の翻訳をありがとうございます。助かりました!!

公証翻訳について


翻訳会社アクチュアル 「証明書翻訳サービス」では、翻訳した証明書などを公証役場で公証するサービスを行っています。


【公証翻訳サービス内容】


お客様からお送り頂いた証明書の原本またはコピーを、弊社の翻訳、翻訳証明書と共に、公証役場に持参し、公証人の面前で署名認証後、署名認証した成果物一式を宅急便、郵送などによりご自宅、ご指定先にお届けするサービスです。

公証の際、アポスティーユ外務省の公印確認も公証役場において同時に取得する事が可能です。

通常、ご発注から5営業日以内に公証後、ご自宅、ご指定先にお届けしています。

海外からのご発注も承っています。

尚、弊社での公証は「面前認証」となり、私人として作成、署名した証書、私文書の作成者本人が、公証人の面前で自ら署名及び押印したものであることを公証する事となります。

翻訳した証明書を公証する場合、個人様からのご依頼の場合には、ご発注の際にお振込み頂いています。

お振込み先を記載した請求書をご発注の際、メールでお送りいたします。

クレジットカードでのお支払いは行っておりません。


公証手続手数料 1件 8000円。通常、ご発注後5営業日以内にお届け!


弊社で公証する主な証明書名

戸籍謄本、戸籍抄本、出生届、婚姻届、受理証明書、卒業証明書、成績証明書、
現在事項証明書、履歴事項証明書、登記事項証明書など。


アポスティーユとは

1961年10月5日のハーグ条約に基づく「外国公文書の認証を不要とする条約」による外務省の証明のことです。アポスティーユを取得すると日本にある大使館・総領事館・領事館の領事認証があるものと同等のものとして、提出先国で使用することができます。

提出先国は、ハーグ条約締約国のみとなります。


外務省の公印確認とは

日本にある外国の大使館・総領事館・領事館の領事による領事認証を取得するために事前に必要となる外務省の証明のことです。外務省では公文書上に押印されている公印についてその公文書上に証明を行っています。


署名認証とは

署名認証とは、私人として作成、署名した証書、私文書になされた署名または記名押印が本人によりなされたものであることを、公証人が証明する手続のことです。署名または記名押印を証明するだけで、文書内容の真実性や適法性等について公証人が証明、保証するものではありません。

弊社での公証は「面前認証」となり、私人として作成、署名した証書、私文書の作成者本人が、公証人の面前で自ら署名及び押印したものであることを公証する事となります。


フリーダイアル 0800-1235001 FAX 047-309-3008
※お気軽にお問合せください。※営業時間 9時~18時 (土日も営業)
通常、1時間以内に「見積書」をメールで送付いたします。


メール クリックして下さい。


※各言語の証明書の詳細についてご覧頂けます。クリックして下さい。

英語中国語(簡体字・繁体字)韓国語スペイン語ポルトガル語フランス語


翻訳会社アクチュアル : 270-0003 千葉県松戸市東平賀267-1-505